新着情報

2018.12.18
招待講演者 の情報がアップされました。

会議について

医薬品印刷と薬送達技術に関する国際会議

International Conference on Drug Printing & Drug Delivery Technology 2019

日時  : 2019年3月15日(金) -16日(土)
場所  : 富山大学五福キャンパス 工学部  総合教育研究棟1階
〒930-8555 富山市五福3190
主催   : DrugPrinting&DDT国際会議実行委員会
代表 : 中村真人 教授(富山大学、日本)
講演 : 1 Keith Jensen、Ph.D. (MIT, USA)
2 Niklas Sandler, Ph.,D.(Abo Academic University, Finland)
3 杉林堅次 教授 (城西大学、日本)
4 黒岡武俊 准教授 (富山大学、日本)
  本国際会議について

2015年、3D Printerで製造された薬がFDAで認可され、3D Printerが人々の生命を救う新しい道が拓かれました。
デジタル時代を牽引してきた印刷技術や3Dプリンター技術を応用すれば、新しい剤形や高度な未来型医薬品の設計および製造が可能になります。
また有効な薬送達技術と結びつければ、さらに大きな発展が期待できます。

そこで、今回、世界に先んじて、医薬品印刷と薬送達技術をテーマにした国際会議 を開催します。印刷技術・デジタル技術・医薬品の新製剤の設計・製造・開発にご関心のある方、

医・薬・理工、産・学・官の立場や領域を問わず、ぜひ、ご参加ください。


Keywords

医薬品設計、新剤形、フィルム製剤、シート製剤、経皮吸収剤、オーダーメイド医薬品、
医薬品製造、印刷技術、3Dプリンター、インクジェット、スクリーン印刷、
Additive manufacturing(付加的製造法)、Digital Fabrication(デジタル製造法)
生産ライン、製造プロセス、PAT(Process Analytical Technology)、モニタリングシステム、
連続生産、自動生産、
DDS(Drug Delivery System)、薬物送達技術